MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【アニさん達への鎮魂歌】~2/12 扇遊・鯉昇二人会 その1

親しくさせて頂いている先輩席亭と電話で話す。「ここんとこ、大御所の人気が上がっている感じしない?前売り券の伸びが、その年代に限って凄くてさ」おっしゃる通り、今回の扇遊鯉昇二人会は、前の二回よりチケットが伸びていた。鯉昇師匠に人気があるのは…

【崎陽軒のシューマイ】~2/10 玉川太福松本独演会

「2/10は鈴をよろしくお願いします。これ、つまらないものですけど」1月8日、大須演芸場の楽屋でみね子先生にいきなり崎陽軒のシューマイを戴く。言うまでもなく、松本の鈴さんの件。ご自分の激動の半生の中で、絶対ありえないと思っていたという弟子入り志…

「そういえば松之丞さんもそうだった」~2/4 神田松麻呂独演会

11年前の2013年7月、今を時めく桂宮治、神田伯山(松之丞)のお二人を招き長野・岐阜の二ヶ所で落語会を開きました。長野は松之丞さんはゲスト枠で山田真龍軒。そのまま車で岐阜に移動して、岐阜のお寺で2席ずつのたっぷりな会。 宮治さんの芸はあまり覚えて…

「いつもそこにいた人」~扇橋報告FINAL

入船亭小辰、そして真打昇進、襲名して扇橋。彼の落語に衝撃を受けた5年ほど前から、ずっと会を開いてきました。二つ目時代は龍玉・馬るこ・喬介・文菊・宮治。昇進後は一之輔・扇遊・駒治。先輩に胸を借りるというコンセプトも今回が最後。次回は後輩 朝枝…

ムゲプラ いち推しの女流~林家きよ彦独演会

「今度うちの直営で、鶴舞にレストランができるんだ。その定休日とかに、落語をやったりすることはできないかな。貸館とかでもいいんだけどね」 親しくさせていただいている会社の社長さまからお話を頂いたのが一昨年。そのレストランがオープンし落ち着いた…

ムゲプラ4月公演3連発その2~「桂米紫噺家生活30周年記念 大須公演」

毎年秋、若手落語家がこぞってエントリーし、桂二葉さんの「じじいども、見たか!」の発言などで注目を集めているNHK新人落語大賞。その14回優勝者が、芸歴30年を迎え大須演芸場で江戸の噺家さんとコラボします。その噺家の名は桂米紫。 今から25年前の19…

ムゲプラ4月公演3連発その1~「扇々喬々」

新年度早々、MUGEプランニングでは見逃せない公演が3つ。ひとつめは毎年おなじみ、扇辰、喬太郎のおふたりが2席ずつ演じる扇々喬々。あっという間に7回目です。喬太郎師匠は名古屋では絶大な人気を誇ります。一年に、たぶん10回は来ている感じながら、M…

「便りがないのがいい便り?」~玉川太福大須独演會~

MUGEプランニング正月最初の公演は、ここ数年玉川太福大須独演會となっています。柳家小せん師匠が浪曲に挑戦、また坂本頼光さんの活弁、かけ橋さんの落語など、ゲストも多彩なこの会、今回のゲストは田辺いちかさんでした。 その日のうちに旧ツィッター…

名古屋で上方落語を盛り上げたい想い

改めまして新年あけましておめでとうございます。今年1年、またよろしくお願い致します。 ここのところ、上方落語の面白さを最認識しています。上方落語は関西弁です。この関西弁について、プロの方がわずかな言葉のイントネーションが京都の言葉と大阪と神…

新年のご挨拶&友の会 会員募集

あけましておめでとうございます。MUGEプランニング公演に平素よりお越し頂きありがとうございます。今年も皆様にウチだけの個性あふれる企画の公演をお届けしようと思っています。どうかよろしくお願いします。 今年は元旦から北陸地方を大地震が襲い、…

【そこは秘密のアジト】~12月のレピリエ公演~

3年前、獅鉄くんから名古屋の会場として紹介して頂いた円頓寺レピリエ。名古屋駅から近く、古民家なので趣もあり、楽屋もしっかりしている使い勝手の良さに惹かれ、それ以降MUGEプランニングの小さな会の本拠地として利用している。基本、12月の名古屋は…

思いもかけないクレーム~【11/26 オースのジョー14】

令和5年、ムゲプラ最後の大須公演は、人気落語家古今亭菊之丞師匠の独演会でした。よく、当たりはずれなどと言いますが、菊之丞師匠の高座にはほとんど外れがありません。そして、その語り口には江戸の風がビュービュー吹いている。昨今はやりのギャグや入れ…

【マサムラのシュークリーム~11/23 小痴楽二葉二人会】

その日、北野文芸座での公演を前にいつものように長野駅に演者さんを迎えに行った私は、改札から出るなり二葉さんに声がけをする出待ちの光景を見た。会場の前で出待ちをするのはよくあることだけれど、駅の到着を待って出待ちは初めてで、立ち止まってその…

【新作派の苦悩~11/12愛シテツ3】

鯉八さんの落語は、感性の落語です。ご自分の世界観に沿って、登場人物に色付けをしていくけれど、次の展開が全く読めない、落語ファンにとっては「最高難度」の落語だと私は思っています。反対に、獅鉄さんの落語は「擬人化」の作品が多いような気がします…

【矩随が彫る間、携帯は鳴らなかった】~11/11 高山 神田伯山独演会

二週間前、私のブッキングした柏崎の公演で携帯が鳴り、伯山先生のネタを変えさせてしまった反省を踏まえ、入場口にプラカード、お声がけ、そして開演直前に舞台上に顔を出しての訴えまで行なった高山の独演会。「問わず語りの神田伯山」でも取り上げられて…

 ☆「ムゲプラ友の会」令和6年度会員募集 (1/1~3/20)のお知らせ☆(改訂版)

今年もあと2ヶ月。来年のムゲプラ会員募集要項をお伝えします。会員になると当社落語会の先行販売、割引の特典があります。下記の注意事項・要項を参照の上、お申し込みをご検討ください。申込開始は来年1/1より。会場での募集は1/8太福独演会からとなります…

【令和6年上半期 公演予定】(改訂版)

今年もあと10日になりました。今年もいろいろとお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。来年は1/8、太福独演会から幕開けとなります。太字は東海地区以外の公演、割引券は使用できません。 ★1/8(月祝)14:00 名古屋・大須演芸場 「玉川太福独…

【NGワードをぶち破った男】~10/29 一之輔・小痴楽二人会~

「名古屋でやったネタは避けたほうがいいですかね?」小痴楽師匠に開演前にそう聞かれた時、家内はこう答えました。「名古屋と飛騨は全く客層が違うので、同じでも全然かまいません。ただ、できたら甚五郎ネタは避けて下さると助かります」 過去、足かけ10年…

【携帯は何もかも変えてしまう】~10/28柏崎・神田伯山独演会

柏崎市で、長く市民のために文化的公演を行なってきた柏崎芸術協会が解散して一年半。お世話になったお礼も兼ね、新組織の「柏崎舞台観楽会」の発足に微力ながら関わらせて頂きました。発足後初の落語会は5月の上方落語の会だったが、二葉さんが急病のため欠…

【粋で鯔背な人間国宝】~五街道雲助独演会5

コロナ禍の3年間、エンタメ業界への打撃は計り知れないものでした。時短営業、マスク、ワクチン、そして究極が、人を集めてはいけないというお達し。もちろんその期間中も苦しかったけれど、今それらが解除になってからも苦しい日々は続きます。理由ははっき…

【異端を貫く覚悟】~鈴々舎馬るこ噺家生活20周年記念公演雑感~

「イタコ捜査官メロディ」私が初めて馬るこさんを聴いたのはこのネタ。場所は2009年、文化放送の中のホールで行われた浜松町かもめ亭。トリの扇辰師匠を聴くつもりで足を運びました。中入り前が談笑師匠でしたが、他の仕事があるのか出番が変わり、中入り前…

【高座の上のダイビング】~鈴々舎美馬 二つ目昇進前祝い・新作の会雑感

「私、彼女とは落研時代からの付き合いで…。イメージは、火焔太鼓で高座にダイビングしていた印象しかなくて」中入り後、高座に上がった林家きよ彦さんがそう思い出を語った時、生でその場面に遭遇したあの日のことを思い出した。たしか岐阜、策伝大賞第12回…

「私、彼女とは落研時代からの付き合いで…。イメージは、火焔太鼓で高座にダイビングしていた印象しかなくて」中入り後、高座に上がった林家きよ彦さんがそう思い出を語った時、生でその場面に遭遇したあの日のことを思い出した。たしか岐阜、策伝大賞第12回…

【昔、高座にダイビングしていた彼女】~鈴々舎美馬二つ目前祝い・新作の会雑感

「私、彼女とは落研時代からの付き合いで…。イメージは、火焔太鼓で高座にダイビングしていた印象しかなくて」中入り後、高座に上がった林家きよ彦さんがそう思い出を語った時、生でその場面に遭遇したあの日のことを思い出した。たしか岐阜、策伝大賞第12回…

150歳のときめきメモリアル~ショーリショー雑感~

「『松鯉先生、恋人がお待ちです』楽屋に入る時主催者の方がそういうんで、誰だろうなあと思ってちょっとときめいたら鯉昇師匠でした。この歳になってもそういわれると、少しはときめくんですね」私が洒落で言ったことを早速先生がネタにしてくれました。い…

「ムゲプラの本分」~9/16 鹿の初鯉 雑感

昨年の秋、ある噺家さんから聞いた話が耳に残っていた。「コロナで上方、特に大阪から遠い神戸喜楽館の経営が厳しいらしい」と。その時点ではまだ、完全にコロナがもたらしたエンタメ業界の苦難は続いていたので、何かできる事はないかと支配人さんともお話…

「ミスターシービーになる男」~第2回扇橋報告

「二つ目の頃、小辰を熱くする会をやっていただき、真打になって扇橋報告という会が始まり、やっと定着してきた矢先、次回で最終回と言うことです。この先もいろいろ呼んで下さるということなのですが、あんまり信用していません」 マクラで笑いに変えた扇橋…

「しっかり姉さんとやんちゃな弟」~9/3いちか&松麻呂独演会~

この日は、13:00田辺いちか、16:00神田松麻呂、近頃気になる講談界の若手二人の独演会でした。寄席の流れを重要視する落語と違い、講談はあくまで個人がたっぷり演じるほうが聴きごたえがある、との信念に基づき、独演会二本にしましたがこれが当たり、2回…

【MUGEプランニング2024年 1月~2月公演予定】

MUGEプランニング2024年1月~3月公演をお知らせします。※印は割引券が使えない公演、また協力公演についてはこちらではチケットを販売しておりません。 【1月】 8(月祝)14:00 玉川太福 大須独演會全席指定¥3500 名古屋・大須演芸場出演 玉川太福(2席…

「私たち夫婦の18年」~喬太郎・扇辰二人会雑感~

「人が死ぬ噺ですけど、それでもいいですか」 2004年冬、京成大和田駅前。全く知らない土地に、私は喬太郎師匠を訪ねた。冷たい風と、電車の通り過ぎる音だけは今でも覚えている。翌年4月に行う予定の結婚披露宴の余興を喬太郎師匠にお願いしたくて、私は長…