MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【師匠の果たせなかった夢は、獅鉄がかなえる】~夢丸・獅鉄二人会

「愛して2・夢丸、獅鉄二人会」終演しました。
この会の趣旨は、名古屋の地に骨を埋める覚悟を決めた若者を、東海落語界の先頭に立っていけるよう応援することです。だからと言って、会のクオリティーを下げるのはお客さまにも失礼に当たります。そこで、獅鉄さんとの相談の結果、お招きする噺家さんにも真価を発揮して頂くプログラムを作りました。

1.ごあいさつ 2.獅鉄 3.夢丸 4.獅鉄ネタおろし 中入り 5.ダメ出しトーク 6.夢丸

今回失敗したと思ったのは、あくまでお招きする噺家さんはゲストだから、一席軽いネタくらいかなあとお客様が思いそうなチラシの作り方、宣伝の仕方をしてしまったということです。きちんとお客様から木戸銭を頂く公演なのですからそんなことはするはずないのですがそう思われた方もいらっしゃったと聞きます。次回からの反省材料です。

「転轍機」獅鉄 「憶病源兵衛」夢丸 
「ペーパーウェイト卿」獅鉄  「蛙の子」夢丸

アンケートの感想に、興味深いものがありました。夢丸師匠の珍しいネタを演じる引き出しの広さに全てのお客様が高い評価をしていたその一方、獅鉄さんへは好意的なものがほとんどの中、多少早口なところを指摘する辛辣な意見も見受けられたのです。

私はソデで聞いていて、新作を作るその才能、またそれを聞かせる話術は今の芸歴では考えられないほど高いと感じましたが、そもそも新作というジャンルを好まないお客様が一定数いることも現実として把握しています。
それだけ新作を作って生きていくというのは噺家にとってとてもハードルが高いこと。それを最も体感していたのは、獅鉄さんの師匠、その当時の雷門獅篭さんでした。

獅篭さんを初めて聞いたのは東京、中野小劇場、まだ前座でした。長髪に真っ白な着物で破天荒な新作をかける前座、果てしない可能性を秘めた若者は、運命のいたずらで名古屋に流れ着き、この地で生きていくため、名古屋の高齢者にも受け入れられる古典と新作を演じる代わり、異端の落語を捨てました。

あの時代は、まだ名古屋のお客様は成熟していなかった。でも今なら…。
獅鉄さんには自分のやりたいことを貫いていってほしい。そして師匠が果たせなかった新作落語の土壌を築き上げていってほしい。そう願ってやみません。

次回は5月21日、日曜日の昼席。お相手は、春風亭百栄師匠。今度は新作落語の大先輩です。もしかして今回にも増して、古典が好きな方は来ていただけないかも知れないけれど、私はこの会を続けることが若手を育てることだと思っていますし、この地で公演をやらせて頂いている私どもの使命だとも感じています。

今回のお客様、50人。これが多いのか少ないのかはわかりません。
でも、壮大な実験の会だと位置づけ、これからも続けていきます。

最後になりましたが、若手の応援に理解を示し協賛して下さった中日コプロ様に、この場をお借りして感謝の念を述べさせて頂きます。

ありがとうございました。

この先も若手育成にご協力よろしくお願い申し上げます。



【扇橋師匠に目指してほしいもの】~辰のオトシゴ FINAL

人間には、一年に一度その日が来ると必ず思い出す日が何日かあると思います。
例えば私でいうと、家族の誕生日や特別な出来事があった日。6/26は猪木vsアリの試合の日とか。その中で妻の亡くなったお父様の誕生日が9月10日で、私の父の誕生日が9月11日と、連続しています。ただでさえ覚えている記念日に、今年は連続して忘れられない日出来事がありました。

9月10日。この日は応援している小辰さんの真打昇進パーティーの日。
妻が代表で帝国ホテルに出掛けて行きました。

そして9月11日は、この小辰さんの二つ目として最後の大須演芸場公演。
奇しくも二つとも、小辰さんがらみの出来事。まして今回の最後の刺客は、笑点レギュラーが決まってスケジュールが分刻みの宮治師匠。協会は違えどもユニットを組んでいる仲間でもあり、最後の小辰を熱くする会としてはベストの選択だと思いましたし、オープニングの25分トークも含めてお客様は大爆笑の会となりました。

「オープニングトーク25分」宮治・小辰
「あなごでからぬけ」十八
「転失気」小辰 「宗論」宮治 ~中入り~
蜘蛛駕籠」宮治 「藪入り」小辰

オープニングトークの中心は、披露興行のチケット売りの話。
宮治師匠の時やその次の昇進の時、芸協の披露目のチケットが売れたという話になり、その流れで中入りで小辰さん自ら東京のご自分が主任のチケットを売っていたのですが、「こういうことは苦手」と顔に書いてある、と言えるほど不慣れでした。
正直こういうことに限っては爆発的な才能を持つ宮治師匠の前ではさすがの小辰さんもたじたじ、中入りを挟んで二席、観客を爆笑の渦に巻き込んだこともあり、5回目となる「小辰を熱くする会」の最後は、だれがどう見ても100%「宮治ワールド」でした。

あの「藪入り」を聞くまでは。

正味40分。本寸法でいながら、ところどころに小ネタを挟み、それでいて噺の中身を壊さない。若手とは思えない、ものすごい技術の結晶。それまで宮治ワールドにどっぷり浸かっていたお客様がひとり、またひとりと陸に上がってくる。気がつくと、演芸場全体が小辰さんの船に乗り換えていました。

これだよ、これなんだよ小辰さん・・いや、扇橋師匠。

かめちゃんの帰ってくるのを待っている父と母。そして子供には似つかわしくないお金を持っていることに、心配で心が張り裂けそうになる父と母。親子の物語をあの歳で、丁寧に丁寧に情景を映し出していくあの技術は、彼にしかないもの。

扇橋師匠、無理にチケット売ったりしなくても、あなたの落語で鈴本は埋まります。
大須だって、だんだんとお客様が増えてきたじゃないですか。これからも、そうやってコツコツいきましょうよ。入船亭扇橋桂宮治のサクセスストーリーの真似はできないけれど、逆に桂宮治にはあの藪入りは真似できない。それほど秀でた「藪入り」。
そういう力があるからこそ、10代目を一門の皆様があなたに託したのですから。

さあ、新たなスタートです。年明け2.22は大学の先輩 春風亭一之輔師匠と。
そして、まだ日程は不明ですがその次は入船亭扇遊師匠との会が決まっています。
新しい会の名前は「せんきょう報告」。9月10.11日は、毎年絶対思い出す、私たち夫婦の記念日になるでしょう。真打扇橋、これからも応援をしていきます。

 

無駄ではなかった修行期間~文治・小痴楽二人会 雑感

落語公演を開く時どんな視点で開いているか。私は「必要性」があるかどうかで判断します。もちろん落語プロデュースで生計を立てている以上、利益を出さなければいけないけれど、ただ人気がある方だから二人会をやればいいや、という視点では私は会を開きたくはないのです。今まで行なってきた二人会でやらなくなった会もありますが、それは「人気者同士でも、お互いスイングしなかった会」あるいは「一方が気を遣いすぎて本領を発揮できなかった会」のどちらかです。

その意味では、このお二人の会には単なる師匠と弟子にとどまらない、二人だけにしかわからない感情が湧き出てくる会となること、そう考えればこの先、絶対なくしてはならない会、私の中ではそう位置付けられているのです。

「鈴ヶ森」空治
「浮世根問」小痴楽
「雨乞い源兵衛」文治 ~中入り~
お血脈」文治
「大工調べ」小痴楽

二人会のメリットをあげるとすれば、どちらか一方のファンに来て頂き、もう一人も気に入って今度はそちらの方の会にも来て頂けることです。その意味で、この会の威力は凄いと毎回思うのです。

小痴楽師匠が若い世代を取り込む。そしていらっしゃった若いお客様の前で文治師匠が見せる熱演。今回も特に上方の演芸作家の方が作られた「雨乞い源兵衛」が文治師匠の手によって見事に滑稽噺として高いクオリティーでみなさんに届けられた。その破壊力は当代の落語家さんの中では間違いなく上位五人にはに入るだろうと感じます。
そこにプラス、かつての弟子が立派な真打になっている、その前でヘタなことはできない、という文治師匠のプライドも加わるのですから変な会にはなりようがない。

最初に書いた「必要性」はこういうところに生きてくる、と考える。
名古屋の公演、大須の公演を単なる「相撲の地方巡業」的な公演には絶対したくない、
たぶんこの先も私は、「必要性のある」二人会にこだわっていくと思います。

あの苦しい最初の修行期間があったからこそ今がある。
口には出さなかったけれど、大工調べの政五郎の切る啖呵の裏で、小痴楽師匠がそう言っているような気がした大須演芸場、夏の終わりの二人会でした。

 

 

11/23は『勤労にゃんこの日』~ねこらくご開催!

一昔前は、ペットと言えば「犬」にとどめを刺すと言われた時代でした。
それが昨年末の統計では犬を抜いて「ねこ」がペットの王者になったそうです。
巷では、殺処分になるねこを救おうと「保護猫活動」も盛んにおこなわれています。
そんな活動を全国で展開している岐阜に本部がある「ネコリパブリック」の協力で、11.23の祝日を【今まで癒しを届けてくれたねこに感謝する日】→『勤労にゃんこの日』と名付け、名古屋の大須演芸場で「ねこらくご」を開催することになりました。

ねこの落語会と言えば、大阪の猫好き落語家さん主催の2/22(ニャンニャンニャンの日)猫の日落語会が有名ですが、その会の中心となっている月亭遊方師匠、桂米紫師匠、そして関東の猫好き落語家の第一人者、春風亭百栄師匠の三人が名古屋にいらして、ねこにまつわる落語会を開きます。

中身についてはおいおい告知をしていきます。当日はねこグッズなども販売し、ネコミミをつけてのねこトークなども予定しています。

過去、大阪で行われた会の演目としては「禁酒関所」→「禁猫関所」「まんじゅう怖い」→「カリカリ怖い」「がまの油」→「猫の油」などの古典落語の改作や、全く新しく作った猫の噺などよく考えられたものばかり。

このグレードに迫るべく、MUGEプランニングねこらくご推進委員会はがんばります!ぜひ皆様、猫好きの方もそうでない方も、大須演芸場にお越し下さい!

令和4年 11月23日(水・勤労にゃんこの日)ねこらくご
14:00開演 (13:30開場) 名古屋・大須演芸場
木戸銭 1階 ¥3500 2階 ¥3000 
全席指定・前売&当日とも)


出演 
月亭 遊方(ソロモン)
桂 米紫(めんちぼうる)
春風亭 百栄(もも・なゆ太)
主催 MUGEプランニング(徳三郎)
協力 ネコリパブリック

チケット→8月29日より発売
mugeplan29@au.com    09041533562
住所・氏名・枚数をお知らせ下さい。郵送させて頂きます。

 

「怪談噺はさらりと演じたい」~松鯉・伯山師弟共演 雑感

当日を迎えるまで、こんなに気をもんだことはなかった。
収容590人の大垣スイトピアセンターのチケットはほぼ完売で、あとはお二人をお迎えするだけというその一週間前に、柳家三三師匠が、立花家橘之助師匠が、三遊亭圓歌師匠が次々とコロナ感染、という知らせが入り、そのたびに肝を冷やす毎日が続いていたのです。まして前日まで師弟は末広亭の10日間、さらに明治座の公演と師弟そろってハードスケジュールをこなしていたこともあり、前日伯山先生のマネジャーから着信が来た時は、胸のドキドキが最高潮に達していました。(持ち物確認でした・笑)

真田小僧」こと馬
太田道灌~山吹の戒め」松鯉
「名横綱 阿武松緑之助」 伯山
「徂徠豆腐」伯山
「小幡小平次」松鯉

終演時間、16:10を想定していましたが約10分ほど早く終演。
トリネタとして「小幡小平次」をやります、とおっしゃって高座に上がられた松鯉先生。小平次が殺される場面など、迫真の語り口でその光景が目に浮かぶほどの名人芸。
そしてそのあと小平次の幽霊が現れて、恨みを晴らす場面でどんな凄惨な描写があるのだろうと息をのみましたが、そこはほとんど演じることなくお開き。どうしたんだろうと正直、心配をしたのです。

「二席おやりになって、お疲れになったのだろうか」
「体調が悪いのだろうか」

でも、高座を降りてきた先生には別段変化もありません。
今まで、何人かの講談師の方で聞いた小幡小平次は、ほとんどがこの復讐劇をおどろおどろしく演じていたので、???の疑問がはれぬまま帰りの車の中へ。
するとご自分から種明かしをしてくださいました。

「最後はあんまり怖くなかったかもしれないけど、あたしはこのやり方なんだ」
「そうですね、あの辺は他の方と違いますね。幽霊がそんなに出てこない」
伯山先生がそうお答えになると松鯉先生は、わが意を得たりとばかりにこうおっしゃいました。」

「あたし、あんまり何人も殺すの、好きじゃないんです」

「怪談噺は、さらりと。」
そういうと先生は「ガハハッ」とお笑いになりました。


ご来場、ありがとうございました。ムゲプラこの夏最大の公演が終わりました。



「苦節10年、二回目の二つ目」vs「インドで年季明け」

平成23年は、東日本大震災がありました。
未曽有の大災害で日本中が悲しみに包まれるわずか10日前。
岐阜で行なわれた学生落語の全国大会に決勝進出した若者。
七段目をミュージカル風に仕立てたそのセンスは、今までの学生には全くないものでした。今でこそ、学生が落語を自由に改作することで年寄りの娯楽と言われた時代から脱皮し、その学生がプロになり、幅広い年齢層に支持されていますが、私が知る限り、その先鞭を学生でつけたのはこの人だと思っています。翌年、プロの世界に身を投じて10年。我慢と忍耐の10年でした。

 

高校時代は、野球部でした。
大学時代はオーケストラ部で、卒業後は小学校の先生をしていました。
2018年、突然 上方落語界の風雲児に弟子入りしました。
落語家なのに、初舞台はバイオリン漫談でした。
2020年、タッチの差でコロナ禍をかいくぐり、師匠に連れられて行ったインドで前座修業を終え、年季明けとなりました。得意な演目は、落語家のモノマネです。

そんな、激動の人生を歩んできた

東西の若手が、名古屋、円頓寺で二人会します。
たぶん、ものすごく面白いと思います。
アットホームな空間、名古屋市那古野、円頓寺レピリエ。
限定25名、お越しをお待ちしております。

令和4年 11月26日(土)16:00 開演
「雪のかけ橋」~かけ橋、雪鹿 東西落語交流会

春風亭かけ橋・桂雪鹿 各2席
全席自由 ¥2500(前売・当日とも)

8月16日 一般発売

mugeplan29@au.com     09041533562

 

祝・雛菊の陰で~きよ彦・雛菊の会~

学生落語からプロの世界に。結婚して子供を産み、幸せな家庭を築く・・・通り一遍の幸せを拒否して人々に笑いを届ける伝道師の道を選んだ二人に、縁あって学生時代から知り合いだった私がしてあげられることはこんなことしかないと、思い出の岐阜での会を企画しました。ただ普通の宣伝はするけれど、DMを集中的に出すとかはあまりせず。たとえお客様がツバナレ(10人未満)しなくとも、お祝いとして考えていました。

でもふたを開けてみたら、30人を超えるお客様がお祝いに。事前にきよ彦さんから「雛菊さんのお祝いだから、彼女をトリに」と打診は受けていたけれど、香盤はきよ彦さんのほうが上だから普通はきよ彦トリ。でも、けっこう何度も言ってきたことを考えると、きよ彦さんなりの思惑があるのかと思い、プログラムは香盤順にするけれど、あとは二人に任すという方法をとりました。

「オープニングトーク」きよ彦・雛菊
「出来心」雛菊
「追っかけ家族」きよ彦 ~中入り~
「保母さんの逆襲」きよ彦
「お見立て」雛菊

同じ学生落語出身とはいえ、年齢差が6歳あるのでこの二人に学生時代の接点は全くない。ただ入門は、きよ彦2016年9月、雛菊2017年4月だから半年しか違わない。
つまりきよ彦さんは社会人経験を経ての入門、雛菊さんは卒業後、直接の入門。
果たして、2席ずつの高座にそれが色濃く反映されていました。

雛菊のお祝いというムードに包まれた会であり、まず最初にトークで顔見せ。
そのあとに雛菊、きよ彦、中入りを挟みきよ彦、雛菊と進んでいくにつれ、私はなるほどと思いました。全体の会の構成を考え、新作落語と古典の融合が最大限に生きる順番はどれかということを、きよ彦さんはやる前から把握していた気がします。

常識的な香盤順での出演だったら、中入りをはさんで雛菊さんが二席続く。フラもあり、愛くるしい彼女ではあるけれど、お客様が温かい目で見て下さるということを差し引いても、まだ客席を手玉に取るほどの落語はできない。お客様が飽きてしまう可能性がある。逆に新作落語でトリをとるというのも、都会のど真ん中ではない岐阜の会となればかなりのリスクを伴う。

そう考えれば確かにこの順番がベスト、トリの雛菊さんのお見立ての多少のたどたどしさにも、運動会で一心不乱に走る子供に「がんばれ。がんばれ!もう少し!」と叫んで一緒に伴走する親のような一体感が確かに会場内にはありました。

最後の、キャリーケースを持っての「帰るよ!」の筋書きも、きよ彦さんならではのパフォーマンス、雛菊お祝いムードのお客様の前で、立派にタクトを振り終えた林家きよ彦さんの名指揮者ぶりが際立った会となりました。入門は半年しか違わないけれど、社会人の経験を持つきよ彦さんのプロデュース能力恐るべし、なのです。

これからも二人は応援していくけれど、どういう形にするか。今まで通りの二人会なのか、雛菊さんのキャラを最大限に生かす会は何か。きよ彦さんにも、先輩にぶつかっていく場を与えたいと思うし、だったらあの人か、この人か。

「もっと頭を使いましょう」

何気にきよ彦さんに教えられた気がする会となったのでありました。