MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

1/17(日)江戸の落語に近づくために。新作だけの会を。

ヤバすぎ新作3.いよいよあと10日後に迫りました。
ただでさえ新作のみ6席という壮大な実験なのに加えて、コロナの感染が拡大しているという現状ですが、会食や宴会などのできない今、ささやかな楽しみは前を向いて笑う、落語会を中止する気は全くありません。コロナ対策をしっかり行なった上での楽しい会を、また今回も皆様にお届けするべく頑張っておりますが、今回の三人、それぞれ2席のうちの1席をネタだしさせて頂きます。みなさん自信作、並びに珍品を出して下さっています。

まず、東の林家きく麿師匠のネタ出しは、「湯屋挑み」。
これはつい先日お江戸日本橋亭で行われた落語協会新作台本落語会で入選した、青山知弘さんの作品です。青山さんと言ってもなじみがないと思いますが学生落語で一時代を築いた大阪大学卒の銀杏亭魚折さんと言えばお分かりの方も多いと思います。たぐいまれな才能を生かし、世に数々の新作を生み出して、プロの方にもにも「スライダー課長」などいくつもの作品を提供している彼の作品をきく麿師匠が演じます。


名古屋落語の総帥、登龍亭獅篭さんは東海地方の水族館を舞台に繰り広げられる、摩訶不思議な闘いを描いた「仁義なき水族館」。お弟子さんの獅鉄君の原案にオリジナリティを加えた中部地区ならではの新作です!

そして上方代表の文鹿師匠は、最近作ったばかりのほやほやの新作人情噺「ルンペン」。毎年インドにこもり、20本以上の新作を書き上げる上方落語界の鬼才、文鹿師匠の渾身の新作となります。

この三人が二作ずつ、己の知己のすべてをかけてぶつかるまさに「ヤバすぎ新作」。
大須演芸場で、初めての試みとなります。古典も、昔は全て新作。新作がなければ古典も生まれない。17日は大須演芸場に、どうぞお越し下さいませ。

令和3年 1月17日(日)14:00開演 (13:30開場)
ヤバすぎ新作3 出演林家きく麿 桂文鹿 登龍亭獅篭(各2席)
木戸銭 ¥3,300 (前売・当日とも)
チケット専用 mugeplan29@au.com  09041533562

f:id:mugeplan29:20201102160115j:plain

1/11は、MUGEプランニングの仕事始め。

いよいよ今年もあと2日を残すのみとなりました。本年もMUGEプランニングをごひいき頂きありがとうございました。
来年の一発目は1/11(月・祝)大須演芸場柳家小せん玉川太福二人会からスタートします。前回小せん師匠が、軽やかな口調で浪曲「次郎長伝・追分三五郎」を披露なさったことを覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、今回はなんと、「次郎長伝~石松金比羅代参」を演じて下さることになりました。
その他太福師匠の新作浪曲などいろいろな出し物で皆様のご機嫌を伺います。お正月明けの11日、昼公演の小せん・太福の会、ぜひぜひ皆様のお越しをお待ちしています。
令和3年 1月11日(月祝)14:00開演(13:30開場)
木戸銭 ¥3,300(前売・当日共)
チケットのお求めは
mugeplan29@au.com 09041533562

f:id:mugeplan29:20201101155458j:plain

【2021年 年間スケジュール】

【1月】

1/11(月祝)14:00 小せん・太福二人会 大須演芸場
全席指定 ¥3,300  柳家小せん 玉川太福 各2席

1/17(日)14:00 ヤバすぎ新作3 大須演芸場
全席指定 ¥3,300 林家きく麿 桂文鹿 登龍亭獅篭 各2席

【2月】
2/23(火祝)14:00 鯉昇・アキットユメユメコラボ 岐阜 グランヴェール岐山
全席指定 ¥3,800 瀧川鯉昇 魔法使いアキット
※アキット体調不良のためチケット販売停止中

2/25(木)18:045 扇々喬々3 大須演芸場 全席指定 ¥3,800 柳家喬太郎 入船亭扇辰 各2席

【3月】
3/14(日)13:00 松鯉・伯山師弟共演 愛知・一宮市民会館
全席指定 ¥4,000 神田松鯉 神田伯山 各2席

3/28(日)14:00 名古屋らくご兼宮会 大須演芸場
全席指定 ¥3,600 三遊亭兼好 桂宮治 各2席

【4月】

4/25(日)14:00 辰のオトシゴ~小辰を熱くする会 大須演芸場
全席指定 ¥3,000 入船亭小辰 蜃気楼龍玉~刺客その1)各2席

◎以上の公演はチケット発売中です。

4/11(日)13:30 春風亭一之輔上山田独演会 長野県千曲市・上山田文化会館 
全席指定 ¥4,000 2~3席

【5月】
5/16(日)14:00 オースのジョー9 大須演芸場
全席指定¥3,300 古今亭菊之丞 まめ菊 ゲスト坂本頼光活弁
※1月中旬 発売予定

5/29(土)14:00 桂宮治真打披露公演 長野市北野文芸座
全席指定 ¥3,800 桂宮治 桂伸治 桂文治 柳亭小痴楽 ※1月下旬 発売予定

5/30(日)13:30 第34回 松本あるぷす寄席 長野県松本市 まつもと市民芸術館小ホール
全席自由¥2,000 三遊亭兼好 神田あおい (各2席) ※3月中旬 発売予定

【6月】
6/6(日)14:00 郡上寄席FINAL 郡上八幡 三冨久
全席自由 ¥3,000 柳家小せん 三遊亭兼好 桂弥太郎
※発売日未定

6/12(土)14:00 源太と獅鉄の会~名古屋・円頓寺リピリエ
全席自由 ¥2,000(予定) 桂源太 登龍亭獅鉄 各2席
※発売日未定

6/13(日)14:00 一朝・鯉昇 大須夢共演 大須演芸場
全席指定 ¥3,800 春風亭一朝 瀧川鯉昇 各2席
※発売日未定

6/20(日)14:00 あお馬の恩返しⅤ~名古屋・円頓寺リピリエ
全席自由 ¥2,500 柳家あお馬 3席予定 
※発売日未定

【7月】
7/10(土)14:00 玉川太福独演會~岐阜市文化センター和室
全席自由 ¥3,000 玉川太福 新作&古典浪曲 曲師 玉川みね子

7/11(日)14:00 「きく麿 鯉八兄弟・・かい?」 大須演芸場
全席指定 ¥3,500 林家きく麿 瀧川鯉八 各2席
※発売日未定

7/22(木祝)14:00 「松喬 扇辰東西名人会」大須演芸場 全席指定 ¥3,500 笑福亭松喬 入船亭扇辰 各2席 ※発売日未定

【8月】
8/29(日)14:00 「文治 小痴楽 元師弟会」 大須演芸場
全席指定 ¥3,600 桂文治 柳亭小痴楽 各2席
※発売日未定


【9月】
9/19(日)14:00 「辰のオトシゴ~小辰を熱くする会」 大須演芸場
全席指定¥3,000 入船亭小辰 鈴々舎馬るこ(第2の刺客)各2席
※発売日未定

【10月】
10/20(水)14:00 「ショーリショー3」 大須演芸場
全席指定 ¥3,800  神田松鯉 瀧川鯉昇 各2席
※発売日未定

10/31(日)14:00 「五街道雲助独演会」大須演芸場
料金未定  出演 五街道雲助 桃月庵こはく
※発売日未定

【11月】
11/28(日)14:00 「オースのジョー10回記念」大須演芸場
全席指定¥3,300 古今亭菊之丞 まめ菊 ゲストのだゆき(音楽漫談)
※発売日未定

【協力公演】
3/21(日)14:00 「月亭遊方ラクゴギグ」岐阜市文化センター和室
全席自由¥2,500 月亭遊方(3席)

4/18(日)14:00 「花丸・小せん二人会」大須演芸場
全席指定¥3,500 林家花丸 柳家小せん 各2席 トークあり
※年明けすぐ発売

 

「また来年も」そうおっしゃって下さった人間国宝

今年最後の主催公演が終わった。
「ショーリショー2」78歳と67歳、大ベテランの二人会。
高齢者の師匠二人の会ということで、開催に特段の注意を払った二時間、終わってみれば、昭和の芸人魂をそこかしこに匂わせた、令和2年で確実にトップ3に入る公演だったと思う。

「子ほめ」 美馬
「餃子問答」鯉昇
赤穂義士伝~小山田庄左衛門」松鯉
水戸黄門記~雁風呂由来」松鯉
「芝浜」 鯉昇

お客様、一階は満員。100%を許していただいている大須演芸場のありがたさ。
二階は感染を気にする方のために自由席にしてフラットにしてあったのだけれど、移動する人はまばら。みな、食い入るようにして高座を見つめていた。
落語には大きな声で笑い、講談には一言も聞き漏らしてなるものか、とでも言いたくなるほどの緊張感、そして満足感。
「小山田はね、悪人なんですよ、悪い奴が主人公の義士伝なんだ。珍しいでしょ。」
終演後におっしゃった言葉を待つこともなく、庄左衛門とその息子に裏切られた父の悲しい物語を、松鯉先生は見事なまでに表現して下さり、その世界に浸ったままのお客様が最後に、「芝浜」でほっこりする。そのバランスがとにかく絶妙な、素晴らしい構成であった。

「あのね、談志師匠に言われたの。酒が好きで好きでたまらない魚勝が、急に改心するなんてそんなのおかしいと思わないのかって言われてね、目からうろこで、それから改心したんじゃなくて、飲み食いで借金できたのを返すために働き始めたら仕事が面白くなっちゃった、って設定にしたの。だから、魚勝は改心なんかしてないの」(笑い)

鯉昇師匠の芝浜を後ろの扉を開けて聞いていたスタッフが「なんて軽くて粋な芝浜なんでしょう!」と感激していた理由はまさに、改心なんかしていない魚勝のおかげだったのだと思う。

「あとね、ぼてふりがたかだか3年で表通りに店なんか出せるわけないの。だから僕は、表通りを変えて、新道(横丁の、私道)でやったの」

落語だって講談だって、少しずつその時代に合わせて、変化させて進化させていくものだ、長老の二人が口をそろえてそうおっしゃったのを聞いて、この二人の言葉が、客席の皆様に違和感なく溶け込んでゆく理由が分かったような気がした。

「来年もぜひ、続けていってほしいです」別れ際、松鯉師匠がはっきりとそうおっしゃって下さった、自分もやっていて楽しかった、ありがとう、とも。
もちろんお二人が健康でい続ける限り、ショーリショーは続けます。お任せ下さい。

f:id:mugeplan29:20201224221713j:plain

 

若手の会をやり続ける、その意味。

エンタメ業界を襲うコロナ禍は、落語の世界に多大な影響を及ぼしました。
人が集まることも、大声で笑うことも、感染防止の名のもとに「悪」のように言われています。つい数年前は、笑いはNK細胞が活発になり健康的であるとかなんとか宣っていたマスコミが、危険をあおっていくたびにコンサート、リサイタル、演芸、演劇界がやせ細っていっています。落語会でクラスターが発生した事案など全国どこにもないのに寄席に人は来ず、落語家を志して入門した若者たちはいま、生活の危機に立たされています。

今回岐阜・じゅうろくプラザで昼と夕方に開催する会は、全国的に名前を知られているわけではないけれど、実力ある次代を担う若手です。その若手も、ソーシャルディスタンスという壁に阻まれ、狭いところでの落語会を中止せざるを得ません。この状況が続けば、次の落語界をけん引する若手がどんどんこの世界からいなくなり、何十年か先の落語界が危機に瀕するのは自明の理です。

かっこいいことを言ってますが、若手の育成のために会を続けていくのは、落語のプロデュースで生業を立てている私たちの責務と考えています。そうは言ってもいらっしゃるお客様に拙いものをお聞かせしない、そう考えてのメンバーがじゅうろくプラザに集結いたします。

三人とも、落語ブームと言われた時代、岐阜で行われた学生落語大会のファイナリストたち。その後の人生それぞれに、順風満帆、波乱万丈の前座時代を過ごしてきました。
でも、みんなが仲良く食べていく、そんな甘っちょろい時代ではなくなっています。のし上がっていく気概のある者だけが、栄光をつかめる。学生時代の栄光なんて、「メシのタネ」にはならないのです。

今は自分の落語を確立し、売れることにまい進する時期。そんな三人を、次代の落語界を背負って立つであろう三人を聴きに来て下さい。今週の日曜日岐阜でお待ちします。


令和2年 12月13日(日)

13:00「あお馬の恩返しⅣ」~柳家あお馬独演会
出演 柳家あお馬(小せん門下)3席

16:30「源太と吾空の大冒険2」
出演 桂源太 桂吾空 各2席

木戸銭 それぞれ ¥2500 (前売・当日とも)
チケット専用 09041533562 mugeplan29@au.com

f:id:mugeplan29:20201016143153j:plain

f:id:mugeplan29:20201016143258j:plain

 

【名古屋らくご兼宮会】宮治真打昇進記念落語会のお知らせ

A太郎、鯉八、伸衛門真打昇進披露が終わり、息つく暇もなく落語芸術協会では2月11日より新宿末広亭を皮切りに桂宮治単独の真打昇進披露公演が始まります。
思えば芸協若手が一気にブレイクした「成金」人気も、宮治さんの二つ目昇進直後にNHK新人演芸大賞落語部門を受賞したことがまずあったのだろうと考えています。

実際、その宮治さんが飛び出して、そのあとに続くように松之丞、小痴楽、と人気が出て行ったことを考えると、落語芸術協会の勢いは成金、特に宮治さんの活躍がなければここまでにはならなかったのかな、と思っています。

そんな宮治「師匠」の名古屋でのおめでとう会が3/28(日)大須演芸場で開かれます。
さすがに人気者で、一般発売に先駆けて10.25の兼宮会にお越しの方限定で予約を受け付けていた関係上一般発売が後回しになっておりましたが、いよいよ12/5(土)より一般発売をさせて頂きます。メールの方は12/5(土)の日付が変わった0:00より開始し、電話受付は12/7(月)10:00より受け付けます。お席の指定はできかねますのでご了承下さい。

令和3年 3月28日(日)PM2:00 名古屋・大須演芸場
名古屋らくご兼宮会(けんきゅうかい)
出演 三遊亭兼好  桂宮治 前座 桂源太(上方)
木戸銭 全席指定 ¥3,600(前売・当日共)
チケット専用 mugeplan29@au.com    12/5(土) 0:00~
電話受付 09041533562  12/7(月)10:00~

f:id:mugeplan29:20201201174831j:plain

 

円楽師匠とのこと(4・最終回)

そして6年後は先週の日曜、高山市民文化会館。月日の経つのはなんと早いことだろう、と感じながら、肌寒い高山駅の改札にお出迎え。師匠は私の姿を見るなり、「おお~、元気か~」と笑って下さった。もう情報で私が長野を出て岐阜で生活をしていることはご存知の師匠だったが、真っ先に田舎の話題を。「〇〇ちゃん、死んじゃったんだよ」〇〇ちゃんとは、先にお話をしたゲートボールの企画を師匠に持ち掛けた旧知の旅館の旦那さん。「はい、存じてます」「そっか、突然容体が急変してな、あっという間だった。俺、お盆に行ってきたんだよ、お参りに」息子とは仲が悪くても、おやじさんは気さくに私に接して下さったので、訃報を聞いたときは驚いたものだ。
「おやじさんたちはどうしてる」
「そうか、まあ、歳だからな」
「ジョンがいなくなってからあの街も統率するやつがいなくなったよな」
私にしかわからない会話を繰り返すたび、私の頭の中は30年以上前にタイムスリップする。深く付き合ってきたわけではないけれど、私が落語に目覚め、この仕事をするきっかけになったのは師匠がいらしたからです。運命のいたずらで今はここにいるけれど、師匠のおかげで少しは呼び屋として東海地区では名も知られるようになりました。
そんなことを師匠に言いたくて言いたくて仕方なかったけど、今日は仕事。仕事以外のことで私情を持ち込んではいけないのだ。そう思いながら、「おい!親不孝者」と呼び止められることをちょっとだけ期待して師匠の控室の前を通る私がいた。

あっという間に公演が終わり、最後に駅で交わした言葉も、他愛もない一言だけ。
「じゃあな、またな」「お疲れさまでした」「・・・・おう」
師匠、あっけなすぎですよ、もっと昔話したかったですよ。だからあれだけ、控室の前を行ったり来たりしたじゃないですか・・・師匠の後姿を追いながら、そんなことを考えていた令和2年11月15日、高山市民文化会館・三遊亭円楽爆笑寄席。
トリの師匠の演目・・・「いたりきたり」。

f:id:mugeplan29:20201122211627j:plain