MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

「バットとボール」みたいな二人会~朝枝・二豆二人会

一晩経っても、まだ充実感が続いている。日頃からいつも言っている、1+1が5にも10にもなる組み合わせ、それが現実となった日。そんな雰囲気がお客様に伝わったのか、会場は超満員で熱気がむんむん。

会うのも初めて、というお二人ということで、かたさをほぐす意味でご挨拶トークから。これがまた、朝枝さん全くしゃべらず、ナビゲートを二豆さんに任す。
二豆さん、全くタイプの違う二人会、というところを強調、「言ってみればバットとボールみたいな」で笑いを誘い、早々に切り上げる。「苦手なことは短めに」ということかとは思ったけれど、確かにこのぐらいが間延びしなくていいなと感じます。

とにかくタイプの違う二人、声量からして全く違う。最後尾から出るエアコンの音がうるさいとわかり、最初の朝枝さんの時にエコモードにし、二豆二席はオンにして、最後の朝枝さんの前に切る、という技を駆使したけれど、その4席の充実ぶりがすごかったです。

朝枝さんの「のめる」「夢の酒」どちらも昨年末に出ていました。
「のめる」はかけ橋さんが、「夢の酒」は音助さんがやっていて、同じネタとは思いましたが人が違えば中身も違うもの、と思って聞いていたらそのとおり。
所々工夫を凝らしていて、全く違和感なく楽しめました。
特に「夢の酒」では、妻のお花がわがままを言うくだりを全部大旦那側の視点でとらえて見せて、あのキャリアでここまで高い技術を会得しているのかと驚嘆。二つ目の中でも秀でた力量を存分に見せてくれました。

二豆さん、学生時代から知っていますが、こちらも修行を経て飛躍的に成長していました。特に二葉さんの前座で各地を回るごとに腕をあげてきたんだなあと感心しきり。
上方落語のスキームを崩さない範囲で自分のカラーを出していく、その難題を年季明け2年3年でクリアしている感じがして、将来間違いなく上方落語を代表する噺家になるだろうと予感を感じさせました。

「ご挨拶」ふたり
「のめる」朝枝 「はてなの茶碗」二豆
「牛ほめ」二豆 「夢の酒」朝枝

次の朝枝さんは7/1(土)昼 円頓寺レピリエで独演会。
二豆さんもどこかで独演会を挟み、来年の2月には二人会を大須演芸場でやろうと考えています、それだけコントラストのはっきりした実力者同士の二人会は、もうレピリエでは収まらないほどの人気が出ると思います。楽しみにお待ちください!!

 

【天皇誕生日に、協会を超えた親友の会。】~扇遊・鯉昇二人会

前回初めてこの会を企画した時に、お客様から「珍しい組み合わせだね」と言われました。そのお客様はそんなにお詳しい方ではなかったので、落語協会のベテランの方と芸術協会の爆笑王の組み合わせを、意外に映ったんだと思います。実際それまで扇遊師匠は、名古屋にあまりお越しになっていなかったので、鯉昇師匠との仲も知らなかったようです。だからというわけじゃなりませんが、今回そこを強調したくて、会のタイトルを考えました。今からちょうど40年前のNHK新人落語コンクール。王道の古典落語で優勝を狙っていた扇遊師匠が、すい星のように現れてそのインパクトのある芸風で優勝をかっさらっていった鯉昇師匠(その時は愛橋)とその後親友となって、今でも深い付き合いを続けているその現実に照らし合わせてつけた「離れぬ鯉遊」
今回は天皇誕生日に、お二人の名人芸を大須演芸場でご提示いたします。

扇遊師匠、鯉昇師匠ともに2席。そこに前座で、前日の扇橋報告から居残りで、鈴々舎美馬さんとくれば、二人のおじいちゃん、大喜び!!!みたいなほっこりした雰囲気に演芸場が包まれることでしょう。それも併せてお楽しみくださいませ。

2/23(木祝)14:00 大須演芸場
扇遊・鯉昇二人会
出演 入船亭扇遊 瀧川鯉昇(各2席) 
鈴々舎美馬
全席指定 ¥3500(1階) ¥3000(2階)
mugeplan29@au.com
09041533562 (チケットダイヤル&メール)



 

第1回「扇橋報告」、初めてのゲストは「先輩の川上さん」。

学生時代の思い出を語る時、記憶に残っているのはたいてい高校か大学時代。
ある程度人間形成ができつつある時期だからなのか。
喬太郎師匠も、志らく師匠も、昇太師匠も、あの時代をよく語っている。

10代入船亭扇橋師匠の母校は日本大学芸術学部
「ニチゲイ」と称され、爆笑問題志らく師匠、高田文夫先生もOB。
その大学で「オチケン」に入った彼は、ほどなくして部室に入ってくる元「川上さん」の朝佐久さんと出会います。そしてその影響かどうか、卒業後しばらくして同じ落語協会に入門、芸の上でのライバル、となるのです。

「川上先輩」は二つ目になって、「一之輔」と名を変え、数々の賞を総なめにして売れっ子への道を駆け上がり、2012年に抜擢で単独真打に。7年遅れて入門した彼は、じっくりじっくり芸を磨き、昨年満を持して真打に。

そんな関係の二人が、2月22日に大須で共演します。一之輔師匠はゲストではありますが、中入り後にお二人の思い出トークを行ないます。一之輔師匠が落語以外にトークを行なうことはほとんどないので、この時間はファンにとっては大変貴重なものとなるでしょう。

2月22日 18:45、大須演芸場

水曜日の夜ではありますが、翌日は祝日。あまり夜を気にすることもありません。
ニチゲイの先輩後輩のからみが、大須演芸場で繰り広げられる。
ぜひみなさま、足をお運びください。

前座は、まもなく二つ目となる、鈴々舎美馬さんです。

 

【2/12大須演芸場 夢丸とゆかいな仲間たち】

三笑亭夢丸は、芸協の良心である。

新潟の一番北から上京し、先代夢丸に入門。
その朴訥な人柄と人並外れた努力の積み重ねで今の地位を築いた、そんな夢丸師匠。
前座時代は「本当にあのアニさんにはお世話になった」と小痴楽師匠に言わしめ、
馬るこ師匠の自費製作CDでは自らの恐怖体験を長々と語り、二つ目時代から今を時めく一之輔師匠と二人会で互角に渡り合う。
そう、とにかく活動の幅が、流派を超えて限りなく広いのです。

今回一緒に参加する柳家あお馬さんも、アマチュア時代夢丸師匠に何度も教えを乞うたことがある、いわば弟子。そんな関係もあって大須での会を思いつきました。
決して派手ではないけれど、一度その世界につかるとまた聴かずにはいられないほどの中毒性の強い夢丸師匠の落語。その芸が、この日お越しの皆様の心を必ずや温かくして下さるでしょう。

そしてそして、活弁士の坂本頼光さんが脇を固めます。
例の、あの禁断シリーズが皆さんをカオスの世界にいざないます。
これはもう、いくっきゃありません!
2.12(日) 14:00 からです。お待ちしていますっ!!!
mugeplan29@au.com
09041533562 まで!!



 

【謹賀新年】MUGEプランニング「ムゲプラ友の会」令和5年度会員募集について

あけましておめでとうございます。平素よりMUGEプランニングの公演をご愛顧いただきありがとうございます。本年もしっかりしたコンセプトの公演を企画し、大須演芸場、また円頓寺レピリエほかで開催していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、令和5年度4月1日から3月31日まで有効となる、ムゲプラ友の会の会員を1月1日より募集します。会員特典は主に、先行販売公演のご案内+500円割引券14枚進呈+粗品進呈、となっております。会費は4000円、入会金はありません。

詳細の画像をはりつけておきますので詳細は下記↓をご覧ください。

 

【令和4年の御礼】

今年ももうまもなく暮れようとしています。今年ほど、お世話になった方、身内、人生に影響のあった方が亡くなってしまった年は他にありませんでした。

特に下半期、9月1日に母が、9月30日に円楽師匠が、10月1日に猪木さんが亡くなられ、自分の身辺もいろいろ慌ただしくなりましたが、それでもひと公演の中止もなく一年間走り抜けてこられたのはひとえに皆様方のご支援のおかげと心得ております。

来年、令和5年も引き続きご愛顧いただけますよう、お願い申し上げます。
年明け最初の公演は1月8日、大須演芸場玉川太福独演会です。
ご来場を心よりお待ちしております。本年はご来場、本当にありがとうございました。

                         MUGEプランニング

 

【東西若手交流その参】~朝枝・二豆二人会

先に書いた「東西落語交流企画」と同時期に、この「東西若手交流企画」もスタートしました。江戸の若手と上方の若手を競わせる企画、となればこの二人。年齢は8歳違いますが、弟子入りは一年違い。どちらも丁寧な落語を演じます。ただ、見た目は全く両極端。朝枝さんは「シュッ」二豆さんは「ポテッ」、この組み合わせで「1+1」が5にも10にもなる可能性は極めて高い。MUGEプランニングの耳の肥えたお客様の鑑賞に十分耐えうる二人です。おかげさまで売れ行きも好調、あとわずかで完売となります。
限定25席、お急ぎください。

令和5年 1月29日(日)PM2:00
東西若手交流第その3~朝枝・二豆二人会
名古屋市西区 円頓寺レピリエ 全席自由 ¥2500
出演 春風亭朝枝 桂二豆 (各2席)

チケット専用 09041533562
       mugeplan29@au.com