MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

主催として、なすべきこと~名古屋らくご兼宮会

一年前の4/18にコロナの影響で中止になった兼宮会は、前回の10/25とこの日ののどちらかに振替の形をとって延期になっていました。その一年の間に、宮治さんは記者発表し、単独の真打昇進が決まりました。はからずもMUGEプランニングで3/20で首都圏の寄席の披露目が終わったわずか一週間後のスケジュールを押さえていたのでまだ昇進ほかほかの状態での名古屋への凱旋、当日はお祝いムードで盛り上がるだろうなあ、と思っていました。

宮治師匠にお願いをして幟を持参頂き、正面に掲げる手はずは整っていたのですが残念なことに当日は土砂降り。それでも満員のお客様の中、オープニングトークから源太君を含めて5席、寄席でも地方でもおなじみのネタなのにもかかわらず、それぞれの個性がふんだんに表れた、素晴らしい公演となりました。

大盛況だった公演の裏で、ひとつだけ残念だったこと。それは受付を通さず、直接楽屋を訪ねて行ったお客様がいらっしゃったことです。

お客様から「宮治さんにサインをもらってきてほしい」とお願いされ、色紙を持って楽屋口に回るとそこに、ご夫婦と思われるお客様が楽屋口の前で兼好師匠とお話をしていました。そのお客様は兼好師匠にご祝儀を渡され、宮治師匠もそこに呼ばれて同じようにご祝儀を。そのあと受付周辺のスタッフ全員に確認をしましたが、誰も楽屋にご案内はしていないとのことなので、そのお客様はストレートに楽屋を訪ねて行ったようでした。

このコロナ禍の中、100%の収容で公演を開催することはとても勇気のいることです。
万が一でも感染者が出てはいけないと思い、お客様に面倒な消毒や検温を強いて、もぎりもご自分でして頂きパンフレットもご持参いただき、マスクの着用をお願いすると同時に芸人さんとの接触はご遠慮頂いていました。

ほとんどのお客さまは宮治師匠に直接お会いしての真打を祝福したい、また兼好師匠に差し入れをしたい、そんな気持ちを押さえて受付に差し入れ、ご祝儀のお渡しを頼んできています。その皆様の我慢がコロナ禍での公演を成り立たせているのです。私はその場で、お話している間に割って入って「面会は禁止です」と言おうか迷いましたが、すでにお話をしているあの状況でそれをすることは至難の業、でも主催者の立場としてほかのお客様の我慢が無になる行動は止めなければならない・・・自問自答しているうちに時は流れ、そのお客さまは帰られました。

オープニングで宮治師匠が、「面会禁止とか主催者が言っているけど楽屋はフリーパス」と冗談めかしておっしゃったことの真相はそういうことでした。

この場を借りてあの時の方に申し上げます。楽屋を訪ねる際は、かならず受付を通して下さい。いきなり訪問されたら、芸人さんは断ることができないのです。

もし、コロナ感染が判明したら、責任は全て主催者にきます。だから我々は、少しでもその可能性は排除しなければなりません。その意味であの場面では、心を鬼にしてでも割って入らなければならなかったのだろうか。改めて主催としてなすべきことを考えてしまった公演となりました。

「辰のオトシゴ」入船亭小辰・蜃気楼龍玉二人会 延期&払い戻しについて

4/25大須演芸場で開催予定の入船亭小辰を応援する会「辰のオトシゴ」は延期となりました。小辰さんがこの会を前日と勘違いをしたためで、当日は地方にいらっしゃることが判明し、時間の変更も検討したのですがどうしても都合がつきませんでした。

その日に小辰さんの代わりにどなたかを、という案も浮上したのですがこの会のコンセプトとして、小辰さんがいないと成り立たない趣旨ということでやむなく延期を選択いたしました。会場の空き具合、小辰さんの空き日、お相手の龍玉師匠のご都合をすべて勘案致しました結果、もともとMUGEプランニングで開催する予定の

6/13(日)一朝鯉昇夢共演のあとの夜席
17:30開演 (17:00開場)

とすることにいたしました。

日程をあけておいていただいたお客様には本当に申し訳ございませんが、この日に移動していただける方はそのままチケットを有効にさせて頂きます。もし、この日が都合がつかないようでしたら払い戻しをお受けいたします。払い戻しをご希望の方はお名前と席番号を下記のメールか電話にてお知らせ下さい。4月25日、会の予定日まで受け付けさせて頂きます。お手数をお掛けしまして大変申し訳ございませんでした。

※払い戻し受付番号
 08041533562   mugeplan29@au.com

f:id:mugeplan29:20210326174819j:plain

 

エリートと雑草・名古屋で激突。【らくご源獅人】源太/獅鉄二人会

今をときめく人気落語家も、前座の時代はありました。
そして当然、初めから人気があったわけではありません。
それぞれに苦労があり、そして一歩一歩の歩みがあった。
その結果、今の栄光があるのです。

源太と獅鉄。落語家としてはまだひよっこと言っていいこの二人にも、過去は当然ありました。そして、学生落語というジャンルがもし存在するならば、この二人はまさに対極に位置する存在でした。

源太は、岐阜で行われた学生落語選手権、策伝大賞の優勝者です。
しかもその栄冠を手にしたのは2年生の時。落語を始めて実質二年足らずで全国の頂点に立つ。いかに彼の落語が凄かったか、私は目の前でその高座を見ていましたから言えます。もう18回を数えるこの大会で、終わった後に「絶対優勝はこいつだ!」と思ったのは二回だけ。第9回の道楽亭海人と、第14回の四笑亭笑ん太(源太)だけでした。
その後彼は、桂雀太師匠のもとに飛び込み、明るいキャラクターと流れるような高座で若手の中心的存在になりました。昨年ひとりだちしてからの活躍も目覚ましく、すでに多くのファンを獲得しています。

対する獅鉄。彼は愛知県の某大学の落研、ではありましたが、在学中ほとんど彼が落語をやっていた記憶はありません。縁あって知り合いになった落研の女の子の付き添いとして来ていて、話の調子を合わせるのが得意な、はっきり言えば印象に残っていない学生でした。何かの大会に出て好成績を収めたことがあるわけでもない彼は、当然卒業後に趣味であった鉄道の会社に就職したのです。

それが突然会社を辞め、落語家になった、しかもそれが江戸でもなく上方でもない、名古屋の獅篭さんに入門したと聞いたときには腰を抜かすほど驚いたものでした。

でも、二人は「かなぐり捨ててきた二人」なのです。
源太は、学生時代の栄光をかなぐり捨てた。
獅鉄は、安定した「鉄道マン」としての生活をかなぐり捨てた。
そしてエリートと雑草は、それぞれかなぐり捨てたものを置いて、先に進もうとしています。大昔の原始人が生きていくために狩猟をし、火をおこし始めたのと同じようにここ名古屋から二人は這い上がっていく。そんな二人の「源獅人」を応援する企画、それが「らくご源獅人」です。6月12日土曜日、名古屋駅から徒歩で行ける円頓寺商店街の中ほどにある、円頓寺レピリエでお待ちいたしております。

令和3年 6月12日(土)14:00開演(13:30開場)
「らくご源獅人」~源太・獅鉄二人会
名古屋・円頓寺商店街近く 円頓寺レピリエ
出演 桂源太(上方落語協会) 登龍亭獅鉄(名古屋)各2席 トーク
木戸銭 ¥2,000(前売・当日共)※未就学児の入場は不可
チケットお求めは 下記まで。
09041533562 (携帯) mugeplan29@au.com(メール)

f:id:mugeplan29:20210324225931j:plain



【きく麿・鯉八兄弟会・・・いや・・・兄弟かい??】

瀧川鯉八師匠が成金の中で新作派として異彩を放ち始めたころ、私は同じような芸風で歴史ある落語協会できちんとポジションを確立している落語家さんを思い出していました。ともすれば古典こそが落語だと信じ切っているお客様にはハードルが高いとされる新作を得意とし、その一方で国民的人気番組にも座布団運びに座布団を渡す運び人としてかかわっているその絶妙な距離感。地方公演に行けばラーメンを売り、経済学も同時に学び、芸はとっても自由な癒し系のあの方を。そしてその方は、鯉八師匠とかなりの部分顔のパーツが似ていると周りの人たちが口をそろえる、自由な、気さくな真打。

その方こそ、落語協会にこの人ありと一目置かれる実力派&新作派、林家木久扇門下、林家きく麿師匠です。

お互い、芸風は似通っていて、顔も、似通っている。いつかやりたい二人会。
でも、新作だけの会はハードルが高い。そんなことをずっと思っていたけれど、鯉八師匠が主任を務めた末広亭が大盛況だったことで、決断しました。

大須で、やります!
きく麿師匠のファンは、鯉八師匠が理解できる!
鯉八師匠を好きな方は、きく麿師匠もたぶん、受け入れる!
そんな思いを込めた、二人会です。

今までの落語の概念を取り払ったお二人の異次元ワールドで、7月11日は文字通り、
「7.11、いい気分」になっちゃってください。

令和3年 7月11日(日)14:00開演
「きく麿&鯉八 兄弟?会」
出演 林家きく麿 瀧川鯉八 (各2席) ほか前座
木戸銭 ¥3,600(前売・当日とも)
一般発売は3/24(火)10:00より、メール・電話ともに受け付けます。
※電話はつながらない場合もありますのでメールが便利です。

チケット専用   mugeplan29@au.com      09041533562

お待ちしています。

f:id:mugeplan29:20210318230340j:plain

 

松鯉伯山師弟共演、紆余曲折を経て、無事終演。

きちんとしたお辞儀、微笑みを絶やさないそのお人柄。講談界で二人目の人間国宝は、岐阜羽島に降り立った時に開口一番、このように話されました。

大野伴睦先生の銅像はどこにありますか」

私がその方向に指をさすと松鯉先生は深くうなずかれ、「あの方がいらっしゃらなかったらこの駅は生まれていなかったのですよね」とおっしゃいました、「いつもMUGEプランニングさんのお仕事ではこの駅を重宝しています」と伯山先生が返してから、お迎えの車の中では30分ずっと、お二人の芸談が花盛りでした。

松鯉伯山師弟共演。昨年5月に岐阜で開催予定だったこの会は、二転三転してやっと、ここの一宮で日の目を見ることができました。コロナで場所変更、3.14。場所は岐阜市文化センター。前より100収容が減るのでキャンセル希望のお客様に返金。ところが文化センターから、50%のソーシャルでの開催をいきなり言い渡され、開催自体が暗礁に。二回公演も考えましたがお客様を昼夜で割り振ることはかなり難題。こうなったら周辺の、50%でも今までのご予約を賄いきれる1000人以上の会場をかたっぱしから当たって3ヶ月。いつもチラシ配布などでお世話になっていた一宮市民会館の担当の方から「キャンセルがあって、その日空きました~、使いますか?」との電話。

「はい!使います!よろしくお願いします!」

急転直下、岐阜から一宮へ。駅からはかなり遠い会場とはいえ1500人を収容できる。
その日からお客様への告知、席の送付、雑務が押し寄せてきたけれど、開催できる喜びがその苦労をかき消してくれました。

「今日は師匠がトリですので甘えて、ほぼネタだし髪結新三をかけさせて頂きます」
伯山先生がチョイスしたこのネタは、昨年秋に高山でお呼びした時から稽古をしていたネタ。愛山先生に教えて頂いた、とその時聞いていたネタを、私の公演でかけて下さる感激。ソーシャルながらいっぱいのお客様。MUGEプランニング設立以来最大の公演は、アンケートでお客様が絶賛するほどの、素晴らしい公演となりました。

「海賊退治」       鯉花
「秋色桜」        松鯉
「髪結新三~鰹の強請」  伯山
「鹿島の棒祭り」     伯山
「出世の高松」      松鯉

「公演の合間に俺さ、タバコ吸いに何度か外に出ただろう。その時さ、通る人がいちいち俺に会釈していくんだよ。なんでかなあと考えたんだけど、あれみんな、今日のお客さんだったんじゃないかなあ」
松鯉先生、もう少し御自分が国宝である、ということをご認識なさって下さい(笑)

「また師匠、〇〇のネタの稽古、よろしくお願いします」
「ああ、弟子には惜しみなく教えますよ、でもお前は稽古によく来るよな」

いい師弟だなあと改めて感じた一日に、感謝。皆様ご来場、ありがとうございました。

最後になりましたが松鯉先生のプロフィールに「ネタ数は150以上」と書いたのは「500以上」の間違いであります。松鯉先生に深く深く、お詫びを申し上げます。(汗)
それと、プログラムの表紙の開催日の曜日が、約7割の方のが「木」になっていたのも併せて訂正させて頂きます。正しくはもちろん、日曜日です!

f:id:mugeplan29:20210315080922j:plain

 

「太福の熱演を、贅沢に味わう。」

衰退の一途をたどっていた古典芸能に、突如として日が当たる。
令和の時代、我々はそのサクセスストーリーの瞬間に立ち会った。
言わずと知れた神田伯山ブーム。彼の地道な努力と、協会の仕掛け、そしてメディア戦略も重なっての、ビッグスター誕生である。

じゃあそのあとに続くと言えば、浪曲である。講談の次は、浪曲
古臭い前時代的な、じいさんの娯楽とも思われていた浪曲の重い重い世間への扉を、国本武春がこじ開け、その狭い穴は玉川の新鋭、太福が続いた。

浪曲ブーム華やかなりし頃、誰もが知っていた、清水次郎長のお民の啖呵、森の石松が命を落とす名場面が太福によって蘇る!夏の昼下がりに、太福ざんまいを味わおう。

令和3年 7月10日(土)14:00開演(13:30開場)
玉川太福 独演会(その四)  岐阜市文化センター4F和室
出演 玉川太福 清水次郎長~お民の度胸・石松の最期 ほか新作浪曲
木戸銭 ¥3000(前売・当日共) 全席自由
チケット専用 mugeplan29@au.com  09041533562
※3月26日 10:00より 電話・メールで一斉受付

f:id:mugeplan29:20210311223139j:plain

 

【一年越しの郡上寄席FINAL。最後の八幡を体感せよ。】

本当なら昨年、15年の歴史にピリオドを打つはずだった郡上寄席。コロナの影響でその公演が中止となり、「このまま終わりと言うわけにはいかない」と実行委員の方が気合を入れなおした2021年。6/6に、今度こそ最後の郡上寄席が行われることが決まりました。
いまや日本を代表する行楽地となり、世界中から観光客が訪れる郡上八幡。その代表的なイベント「郡上おどり」で分かるように、ここは古典芸能にも造詣が深い土地です。
昭和50年、今は亡き永六輔さんの音頭取りで始まった郡上大寄席が32回の長きにわたり開催され、そのあとを受け継いだのがこの郡上寄席でした。間に、林家木久藏真打昇進などのイベントを文化センターの大ホールで二回開催し、三回目からは歴史を感じる川沿いの旅館の広間での若手の二人会に落ち着きました。
第4回 遊雀・兼好。第5回 遊雀・三三。第6回三三・兼好。
そして第7回から兼好・小せん(一度正蔵・つる子の会が特別版で挟まりました)で開催されてきた郡上寄席。今回が本当に最後の公演となります。
一年間、ためた思いをやっとぶつけることができると、実行委員一同、燃えています。どうか岐阜県はもとより東海地方の方、ぜひ最後の郡上寄席を見届けに来てほしいと思います。
よろしくお願いします。
郡上寄席FINAL~いよいよこれで最終回
令和3年 6月6日(日)13:30開演 (13:00開場)
小せん&兼好 らくご珍道中 木戸銭¥3000(前売・当日とも)
出演 三遊亭兼好(2席) 柳家小せん(2席) 桂弥太郎
会場 郡上八幡郵便局前 旅館 三冨久
チケット専用 09041533562 mugeplan29@au.com
※3/22 よりメール・電話ともに10:00より一斉受付

f:id:mugeplan29:20210303182336j:plain