MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【ハプニングを乗り越えて~文治・小痴楽二人会】

桂文治師匠には、今いる弟子以外に四人の弟子がいました。うち二人は廃業してしまったのですが、残りの二人は師匠を変え、今も落語界にいます。ひとりは破門されてから立川志らく師匠に再入門し、2019年に二つ目昇進をしていますが、その昇進記念の落語会には今の師匠志らく師匠とともに、祝福の為ご出演されています。
もう一人が今回二人会を行なう今を時めく若手のホープ柳亭小痴楽師匠。
弟子の時は厳しく接してきた文治師匠も、今は稽古をつけるなど二人の関係は良好。
そんなことから始めたお二人の会、毎年夏の風物詩、文治小痴楽二人会。
昨年まさかのハプニングで実現しなかった元師弟の会が今年は二年ぶりに行われます。
場所はいつもの大須演芸場、夏も終わりの8月28日の日曜日。
昨年のぶんも小痴楽師匠は頑張ってくれるかな、そんな思いがします。
皆様のお越しをお待ちしています。

令和4年 8月28日(日)14:00
名古屋・大須演芸場
文治・小痴楽二人会
出演 桂文治 柳亭小痴楽(各2席)
全席指定 1F ¥3,800  2F ¥3,500
チケット専用 09041533562  mugeplan29@au.com