MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【学生落語の青春が、プロになって岐阜に帰る日】~きよ彦・雛菊の会

まだ年号が平成と言っていた時代、北海道から岐阜へ乗り込んで冬の大会で2度も決勝にコマを進め、学生落語界に名をはせた一人の女子がいた。地元に就職し、このまま北の大地で過ごすんだろうなあと誰しも思っていたころ、彼女は隠密裏に弟子入りを果たす。2016年、林家彦いち師匠に入門、2021年3月二つ目昇進。高座名、林家きよ彦。

華々しい経歴はない。決勝進出も、したことはない。でも毎回、春の大会にも、夏の大会にも、彼女はいた。男子に交じっていじられていた、いつも明るく、時には仲間の躍進を喜び、涙を流した。卒業の半年も前から、就職が決まったと友人から知らされ、もう会うこともないだろうなと思っていた矢先、まさかの弟子入り。しかも入門先は、厳しいことで有名なあの師匠・・・・。2017年、古今亭菊之丞師匠に入門、2022年5月二つ目昇進。高座名、まめ菊改め古今亭雛菊。

きよ彦さんは新作、雛菊さんは古典。まだ噺家としてのスタートラインに立ったばかりの二人を応援するにあたり、どうしても譲れなかったこと。

この二人の会をやるのは、名古屋じゃなくて、思い出の岐阜で。

まだまだ未熟だと思われるかもしれません。でも、その成長を見届けるのもお客様の楽しみ。木戸銭は、その過程を楽しむための対価だと思って下さるとうれしいです。
7月24日、季節は夏。岐阜市文化センター。実行委員会主催、若手応援プロジェクト。
皆様のご来場を心より、お待ちしております。

令和4年 7月24日(日)14:00 開演
岐阜市文化センター4階和室

はなさき寄席~きよ彦・雛菊の会 
木戸銭 ¥3000 全席自由

出演 林家きよ彦 古今亭雛菊 各2席
チケット専用 09041533562   
mugeplan29@au.com