MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

太福の骨太感が、和室を支配した二時間~7/10 玉川太福岐阜独演會、雑感

土日は岐阜と大須で連続公演でした。

7/10は四回目を迎えた玉川太福岐阜独演会。会場の岐阜市文化センター岐阜県知事の勝手な休業要請のために6月下旬まで閉館したため、預けていたチケットが全く伸びず、世間の情勢もまだまだ自粛傾向ということで入りを心配していました。
結果は前回よりの多い、和室に60名ほどのお客様が入っていただき一安心。

今回は有名な清水次郎長伝より山場の二席、「お民の度胸」「石松の最期」を続き読みでお願いしたのですが、これがお客様の琴線に触れたのか場内がまさに「聞き入る」モードに突入し、ものすごくいい雰囲気の中、進んでいきました。

また、新作浪曲の枠は三遊亭白鳥師匠の名作、「豆腐屋ジョニー」を浪曲仕立てで披露して下さるなど、改めて太福さんの幅のある芸を堪能していただいたと思います。

今回で岐阜の会はいったんお休みですが、今場所を変えてこの続き読みを二日間に渡ってやっていただけないかを交渉しております。ですのでもう少し、時間を下さい。
東海地区で浪曲の続き読みという、新規格にチャレンジしていきたいと考えております。

f:id:mugeplan29:20210311223139j:plain