MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【文治・小痴楽二人会 6/13大須演芸場で先行販売です】

落語に長くかかわっていると、いろんな人間模様に出くわします。
昭和末期からの出来事として有名なところでは落語協会脱退騒動、上野と芸協の決別、などなどがあげられますが、そのほかにも協会を移籍した人、急に廃業した人、ベテランになってから突然改名する人、表に出てくるまでにいろんな人間模様があったのだと思います。

そんな中、一度師弟になってその後別れたこのお二人は、その後それぞれ、同じ協会で大きくなっていきました。師匠のほうは江戸と上方を合わせて100人を優に超える桂一門の宗家の名を継ぎ、当代で11代目という長い歴史の継承者、それに恥じない爆笑王で、協会の理事としての責務を立派に果たす、いわゆる大看板。

弟子のほうは亡くなった父の弟弟子の下に入門し直しそこから一念発起、江戸前の気風のいい芸風でぐんぐん頭角を現し、芸協躍進のきっかけとなったユニット「成金」のリーダーとして仲間の信頼も勝ち取り、満を持して単独で真打に昇進、若手落語家の先頭を突っ走っています。

そんな二人は今、とても仲良し。時には厳しかった昔を引き合いに出して師匠をいじったり、それをにこにこ笑って受け流す師匠の度量もとても素敵。去年初めて組み合わせた二人会は、大盛況のうちに終わりました。

そして今年。去年の熱気をそのままに、素晴らしい高座を我々に見せて下さると思います。どうぞ皆様、名古屋、大須演芸場で真夏の思い出を作ってください。元師弟の二人が皆様のお越しをお待ちいたしております。

令和3年 8月29日(日)14:00開演 (13:30開場)
「文治・小痴楽二人会」 名古屋・大須演芸場
出演 桂文治 柳亭小痴楽 (各2席) 桂空治
チケット専用 mugeplan29@au.com   09041533562
チケット 6/13 会場販売  
一般発売 6/14(月)0:00より(メール)
          10:00より (電話)

f:id:mugeplan29:20210606202626j:plain