MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

「太福の熱演を、贅沢に味わう。」

衰退の一途をたどっていた古典芸能に、突如として日が当たる。
令和の時代、我々はそのサクセスストーリーの瞬間に立ち会った。
言わずと知れた神田伯山ブーム。彼の地道な努力と、協会の仕掛け、そしてメディア戦略も重なっての、ビッグスター誕生である。

じゃあそのあとに続くと言えば、浪曲である。講談の次は、浪曲
古臭い前時代的な、じいさんの娯楽とも思われていた浪曲の重い重い世間への扉を、国本武春がこじ開け、その狭い穴は玉川の新鋭、太福が続いた。

浪曲ブーム華やかなりし頃、誰もが知っていた、清水次郎長のお民の啖呵、森の石松が命を落とす名場面が太福によって蘇る!夏の昼下がりに、太福ざんまいを味わおう。

令和3年 7月10日(土)14:00開演(13:30開場)
玉川太福 独演会(その四)  岐阜市文化センター4F和室
出演 玉川太福 清水次郎長~お民の度胸・石松の最期 ほか新作浪曲
木戸銭 ¥3000(前売・当日共) 全席自由
チケット専用 mugeplan29@au.com  09041533562

f:id:mugeplan29:20210311223139j:plain