MUGEプランニングのたまさかブログ

東海・中部地区で落語公演を開催しているオフィスのブログ

【そこは秘密のアジト】~12月のレピリエ公演~

3年前、獅鉄くんから名古屋の会場として紹介して頂いた円頓寺レピリエ。
名古屋駅から近く、古民家なので趣もあり、楽屋もしっかりしている使い勝手の良さに惹かれ、それ以降MUGEプランニングの小さな会の本拠地として利用している。
基本、12月の名古屋は大須演芸場も定席のほかに松井誠公演で長期に押さえられ、下旬は大名古屋落語祭と師走ならぬ「落走」月間なのでMUGEプランニングの公演は若手中心、レピリエ公演となる。

今年も二週間の間に5本。お客様にもだんだん認知されてきたようで何より。

12/6(水) 笑福亭羽光
私小説落語三題>
「青春編パート2」 「胸の痛み編」 「スローバラード編」

とても繊細で、物静かな羽光師匠。自分の歩んできた道で起こったことを隠すことなく落語に落とし込み、お客様の共感を得ていく。いじめられた経験やふられた経験など、生きていれば必ず自分にも当てはまりそうな事柄がさらに深く思い起こされる。
落語という芸能がいかに門戸の広い、なんでも受け入れるジャンルであることを改めて思い知った夜でした。

 

12/9(土)桂吉の丞
「犬の目」「餅屋問答」「一文笛」


3回目にして今までで一番の盛り上がり。それは、お客様に認知されたということももちろんあるとは思いますが、この日は気合の入れ方がものすごかった。特にマクラの構成がうまくできていて、米朝一門の匂いがそこかしこに感じられる秀逸の高座。
終わってから出演料を渡し、その領収書の住所、名前が手が震えていてかけない、そこまでパワーを使い果たしていたことに驚愕した9日でした。

 

12/16(土)昼 春風亭いっ休
「牛ほめ」「百歳万歳」「蛙茶番」

11月上席に二つ目に昇進するまでなんと5年9ヶ月を要した、コロナの犠牲者?ともいえるいっ休さん。一之輔師匠の前座でいらっしゃった頃は、よどみなくきっちりした口調で大物を感じさせたけれど、実際3席聞くとまだ、自分なりのオリジナリティーを出していくにはまだまだかな、という感じがしました。でもそれも経験を積んでいけば問題なくなること、そこまで応援していこうと思わせる、若々しい高座でした。

12/16(土)夕  柳亭市好
ちりとてちん」「大工調べ」「浜野矩随」

二つ目になって3年、方向性にいちばん迷う時期。学生時代から知っている彼の誠実な人柄は、噺家になっても変わることがないようで、師匠や先輩たちからお仕事をよくいただいていますと語る。芸人はどんな方法でも、売れればそれが正義。小さな会で「大工調べ」を通しで演じ、中入り後には浜野を語るその気概に拍手。頑張れ。

12/17(日) 笑福亭由瓶
蝦蟇の油」「転宅」「除夜の雪」

MUGEプランニング2023年最終公演となったのは、上方の奇才、26年のキャリアを持つ人気者由瓶さん。前日とはうって変わり、爆笑落語で会場を揺らしまくり、中入り後はしんみり大みそかの物語。引き出しの多さはさすが。半年に一度、名古屋で由瓶師匠を聴けるのは本当に楽しみなのです。

今年もあと10日。
一年間MUGEプランニング公演にお越し頂き、ありがとうございました。また来年もよろしくお願い申し上げます。

 

思いもかけないクレーム~【11/26 オースのジョー14】

令和5年、ムゲプラ最後の大須公演は、人気落語家古今亭菊之丞師匠の独演会でした。
よく、当たりはずれなどと言いますが、菊之丞師匠の高座にはほとんど外れがありません。そして、その語り口には江戸の風がビュービュー吹いている。昨今はやりのギャグや入れごともほとんどなく、それこそ本寸法の代名詞のような落語家さん。
またいつもは中入り後に色物さんをお願いしていましたが、今回は久しぶりの落語家さん、柳家小せん師匠。一緒の昭和カラオケサークルに所属していたりで交流もあるためか、なごやかな雰囲気で会は進行していました。

「転失気」さく平
「お見立て」菊之丞~中入り~
お血脈」小せん
文七元結」菊之丞

中入り後、受付に立っていたスタッフのもとに、一人の男の方が歩み寄り、何か言っているのを目にしました。何かスタッフがしくじったのか、前半の会で携帯が鳴るとか、トラブルがあったのか…。心配して聞くと、その内容は意外なものでした。

「一昨日ここに来た時もおなじ『お見立て』だった。もっと期間が空いているならまだしも、2日前と今日で同じネタはおかしいじゃないか。しかも同じ古今亭。両方来ている人だって多くいるんだから、気を遣わなきゃダメだろう。今時はSNSとかで何のネタが出ているかわかるんだから、それも調べてネタが被らないようにしてほしい」

説明すると、東京の寄席は昼の部の間は同じネタはかけない。それどころかたとえば殿様が出てくればその傾向の噺はかけないし、与太郎、夫婦、などの傾向の噺が出ればそれも避ける。俗に「ネタが付く」と言われます。また、昼夜通しのお客様を想定して「初天神」が昼間出たら夜は避ける。それが寄席の不文律。

それを踏まえてこの日の場合で言うと、金曜日の夜席にはじめ亭しげたさんが行なった公演で、確かに雲助師匠が「お見立て」を演っています。場所もおなじ大須演芸場
楽屋のネタ帖にはそのネタは書いてあるはず、それは確かにそう。でも主催者が違い、日時も違い、お見立てをかけた演者も違う。その状況で菊之丞師匠に「お見立て」はやらないでほしいと頼むことはできません。過去13回の公演で何を演じたかのほうが師匠にとっても主催者にとっても重要。ただ、落語ファンからしてみたら同じネタかよ、と思うのも必然。さてどうしたものか・・・。と考えさせる公演になってしまいました。

よろしければ皆さんのご意見をお聞かせください!

 

 

【マサムラのシュークリーム~11/23 小痴楽二葉二人会】

その日、北野文芸座での公演を前にいつものように長野駅に演者さんを迎えに行った私は、改札から出るなり二葉さんに声がけをする出待ちの光景を見た。
会場の前で出待ちをするのはよくあることだけれど、駅の到着を待って出待ちは初めてで、立ち止まってその対応をしようとする二葉さんになのか、その出待ちの人になのか自分でもわからないまま「急ぎますんで~」と弱弱しく叫んだ私。効果ない~。

「あ、5月はすみませんでした~」柏崎の休演を詫びる二葉さんだけれど、その後も続くハードスケジュールのためか相変わらずお疲れの様子に見える。今回もテレビのレギュラーも「ぽかぽか」の生放送参加の翌日、東京から出演しそのあと北陸回りで大阪に帰るため、自分の胸元ぐらいまである大きなキャリーケースを持参、ここまできたらマネジャー帯同したほうがいいと、心底心配してしまいました。

でも本番前は、開場15分前まで高座の上で稽古。2席やるので2席分。それが終わるとロビーに突如現れ、スタッフと談笑。感心したのは何人もいるスタッフ一人一人に話しかける時は必ずその人の目を見ていたこと。今を時めく二葉さんの視線が突き刺さるのだからスタッフは感激。

「わたしぃ、長野県大好きなんですぅ!食べ物美味しいし、ほんっと長野にこれてよかった!特に好きなのはね、松本に行ったときに食べたマサムラのシュークリーム、あと一本ネギ、これラジオでこの間宣伝しといた。それほどうまい、ばかうま!!」
とってもフレンドリーなその立ち居振る舞いを見て、売れっ子になるべくしてなったんだなあ、と思ったのです。

「うわあああ、マサムラのシュークリームや、ほんもんや!」開演15分前。楽屋にけたたましい叫び声が響く。お客様からさっき話したばかりのシュークリーム。わざわざ松本から片道約1時間かけての差し入れに、二葉さんのテンションが一発で爆上がりのまま、本番へ。

浮世床」 菊正
湯屋番」 小痴楽
「子は鎹」 二葉 ~中入り~
「天狗さし」二葉
「大工調べ」小痴楽

小痴楽師匠も負けじと鉄板ネタ。遊雀テイスト満載の湯屋番。
本当にフレッシュな、いい感じの公演。お客様も大満足の会でした・・・
携帯さえ、鳴らなければ!大工の棟梁、怒っておりました!

 

【新作派の苦悩~11/12愛シテツ3】

鯉八さんの落語は、感性の落語です。ご自分の世界観に沿って、登場人物に色付けをしていくけれど、次の展開が全く読めない、落語ファンにとっては「最高難度」の落語だと私は思っています。反対に、獅鉄さんの落語は「擬人化」の作品が多いような気がします。電車や動物、植物や単なる「物」にまで命を吹き込み、SFチックに噺を展開していく。同じ新作というカテゴリでも、この二人の落語は北極と南極ほどの違いがある、私はそう思っています。

そのふたりが共にNHK新人落語大賞について語ったトークの中身が興味深かった。
「ぼくの落語は誰かの強力なプッシュがないと賞レースの決勝進出はない」
「NHKの時もそういう方が関係者のなかにいたと聞いた」
鯉八師匠のその言葉は、東西で次代の落語を汗水たらして作っている新作派の苦悩を表しているのだと感じました。

東海地方でも、この新作派の師匠は名が知れているから古典派の中に加えておく、という扱いの落語会がほとんどで、中身の新作を聴かせたいから、という主催者が見当たらない。
落語はやはり古典、という空気がまだまだお客様の中に固定観念としてあるという事実に、新作派はずっと自分の構築する世界を「仕事」という経済行為と両立していかなければならない宿命を背負っているのです。

先代から受け継いだ古典をそのまま寸分の狂いもなく演じる「守旧派」、古典のあらすじを基本に面白くなるように変えていく「改作派」が全盛のこの時代を生き抜いていかなければならない新作派のふたり。そこにある種の悲哀を感じるのは私だけでしょうか。
でも一度来た道は行くしかない。そしてその場を提供する主催者がいないなら私がやる、
そんな妙な使命感に燃えた、愛シテツ3でした。

「SAPPORO 」獅鉄
「黄金風景」鯉八
「Where is HIROSIGE?」獅鉄
「新作トーク」鯉八獅鉄
「若草」鯉八




【矩随が彫る間、携帯は鳴らなかった】~11/11 高山 神田伯山独演会

二週間前、私のブッキングした柏崎の公演で携帯が鳴り、伯山先生のネタを変えさせてしまった反省を踏まえ、入場口にプラカード、お声がけ、そして開演直前に舞台上に顔を出しての訴えまで行なった高山の独演会。「問わず語りの神田伯山」でも取り上げられてしまったこともあり当日の私は伯山先生のお迎えを前にかなりピリピリしていました。案に相違して長旅の疲れも見せず先生のご機嫌もよいようで一安心。さっそく事前に用意周到に段取りを済ませておいたレストランにご案内しました。

「前回の柏崎の食事も美味しかったです。今朝もMUGEプランニングさんの食べ物に対する嗅覚を信用して、朝から何も食べずに来ました。よろしくお願いします」

考えてみれば旅から旅、地元の料理を出して下さる場所も中にはあるけれど、ホール落語の控室に届けられる食事の約8割は冷たくなったお弁当。中身も決まりきったものばかり。その改善をすることで伯山先生の高座が一段とよいものになるのであれば早速実行に移す、それがMUGEプランニングの誠意。そんなこんなで会場に入ると、今度は高座の照明で伯山先生との綿密な打ち合わせ。「だいたいでいい」「適当でいい」といくらでもお茶を濁せるのに、よりよい高座を務めたいという伯山先生の気合がこちらまでびりびり伝わってくる。あとは携帯が鳴らないことを祈るだけ…。運命の公演は。15時にその幕が開きました。

寛政力士伝「雷電初土俵」青之丞➡リレー
寛政力士伝「小田原遺恨相撲」伯山➡リレー
「荒大名の茶の湯」伯山
「徂徠豆腐」伯山  中入り
「浜野矩随」伯山

伯山先生だけで4席。終演時間も30分延長。その気合が伝わる2時間半。
そして、「携帯が鳴らない」前提で始めた浜野矩随は、仏様を一心不乱に彫る間もそのあとも、携帯が鳴ることはありませんでした。

今度高山にいらっしゃるのは二年後。一段と成長した伯山先生と、一段と成長した高山のお客様の素晴らしい公演が、いまから楽しみです。

 

 ☆「ムゲプラ友の会」令和6年度会員募集 (1/1~3/20)のお知らせ☆(改訂版)

今年もあと2ヶ月。来年のムゲプラ会員募集要項をお伝えします。
会員になると当社落語会の先行販売、割引の特典があります。
下記の注意事項・要項を参照の上、お申し込みをご検討ください。
申込開始は来年1/1より。会場での募集は1/8太福独演会からとなります。

・申込期間・・・・・・・・・令和6年 1月1日から3月20日まで

・割引券使用期間・・・令和6年 4月1日から令和7年 3月31日まで

・会費・・・ 年間 4000円 <割引券14枚>
粗品進呈は今年は行ないません。あしからずご了承下さい。
(注意・令和5年度の割引券は令和6年3月までしか使用できません)

・割引券使用方法

 チケット1枚につき割引券1枚使用。公演当日の返金となります。
1人で2枚以上使用の場合は同じ数のチケット提示をお願いします。
すでに割引済の公演、協力公演には使用できません。また長野・新潟・兵庫など東海地方以外の公演、協力公演にも使用できません。

・先行予約について <はがき送付・またはショートメール連絡>
お早目のお申し込みは4月以降の会の先行予約対象となります。
その後は随時のご案内となりますので早めの入会をお勧めします。

・申込方法

1.会場に置いてある申込用紙に住所・氏名・連絡先電話番号を記入の上
会費を添えて受付に提出し申込み

2.郵便局の青色振替用紙に住所・氏名・連絡先を記入し会費振込み
振替先番号 00840-0-217222  MUGEプランニング
入金確認後随時登録させて頂きます。
割引券の発送は3月上旬を予定しておりますのでお待ち下さい(誤使用を防ぐため)





 

【令和6年上半期 公演予定】(改訂版)

今年もあと10日になりました。今年もいろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。来年は1/8、太福独演会から幕開けとなります。
太字は東海地区以外の公演、割引券は使用できません。

★1/8(月祝)14:00 名古屋・大須演芸場  「玉川太福独演会」ゲスト 田辺いちか
★1/22(月) 19:00 名古屋・鶴舞 カツレツMATSUMURA 名古屋まんで~落語会
★1/28(日) 14:00 名古屋・大須演芸場 「扇橋報告FINAL」扇橋・駒治
★2/4  (日) 14:00 名古屋・円頓寺レピリエ 「神田松麻呂独演会」松麻呂3席
★2/10(月祝)13:30 長野県・まつもと市民芸術館小ホール「玉川太福松本独演会」
★2/12(月祝)14:00 名古屋・大須演芸場 「入船亭扇遊・瀧川鯉昇二人会」
★2/25(日)14:00名古屋 大須演芸場 「東西四派若手競演inOsu」かけ橋 談洲 雪鹿 美馬
★3/10(日)14:00  岐阜市文化センター和室 「ひとつずつ違い」源太 天吾 喬路
★3/17(日)14:00名古屋・大須演芸場「うまいえだまめ」春風亭朝枝 桂二豆 二人会
★3/17(日)14:00 長野市北野文芸座桃月庵白酒 独演会」白酒 ぼんぼり
★3/19(火)18:30 新潟県 柏崎産業文化会館 「春風亭一之輔独演会」
★3/24(日)14:00名古屋大須演芸場大須で鉄道落語会」柳家小ゑん 桂梅團治 獅鉄
★4/13(土)14:00 長野・北野文芸座 「神田伯山独演会」神田伯山 
★4/16(火)18:45 名古屋・大須演芸場 「扇々喬々2024」
★4/21(日)14:00 名古屋・大須演芸場桂米紫芸歴30周年記念公演」
昼の部 14:00 「新作チャレンジ」 米紫(2席) 林家きよ彦 鈴々舎美馬
夜の部 17:30 「古典チャレンジ~東西名人会」 米紫(2席) 瀧川鯉昇(2席) 
★4/28(日)14:00 名古屋・大須演芸場 「雲助たっぷり6」 雲助 ゲスト 林家花丸

★どうする円頓寺~若手6人衆、尾張へ進軍! それぞれ独演会 各¥2500
  5/3(金) 13:00 桂 あおば     15:30 柳家 あお馬
  5/4(土) 13:00 春風亭昇輔     15:30 桂 九ノ一
  5/5(日) 13:00 桂 小留   15:30 入舟辰乃助  名古屋・円頓寺レピリエ
★5/12(日)13:30 長野県 まつもと市民芸術館 「第40回松本あるぷす寄席」桃花 一蔵
★5/18(土)14:00 名古屋・大須演芸場 「オースのジョー15」菊之丞  いちか
★6/1  (土) 15:30 名古屋・円頓寺レピリエ 「柳亭市好独演会」市好 3席
★6/6 (木)18:30  長野市北野文芸座春風亭一之輔 独演会」 
★6/9(日)14:00    岐阜市文化センター和室「玉川太福ぎふ独演会」
★6/16(日)14:00  名古屋 大須演芸場「由瓶・兼好二人会」笑福亭由瓶  三遊亭兼好
★6/30(日)14:00  岐阜市文化センター和室 「笑福亭喬介・喬明親子会」

MUGEプラ公演には、意味がある。
どうぞよろしくお願い致します。料金など詳細は順次アップ致します。